アフターピル副作用(出血)と効果

アフターピルの副作用とは?

アフターピルとは、性行為後に着床を防ぐために服用する緊急避妊薬のことをいいます。アフターピルの中ではモーニングアフターピルが効果が強く定評がありますが、日本では薬として認可されていないため薬局などでは手に入りません。産婦人科などで直接もらうことになるでしょう。


アフターピルの副作用で多くあげられるのが吐き気や頭痛ですが、通常24時間以内に治まるといわれています。また、場合によっては不正出血もあるでしょう


アフターピルは、ホルモン値を乱して子宮内膜を無理やり剥がすことで着床を防ごうとするものです。アフターピルは、望まない妊娠を防ぐものとして使用されますが、性行為後72時間以内に服用する必要があります。


アフターピルを希望する場合には、性行為後すぐに産婦人科に行きましょう。産婦人科では詳しい事情などを聴かれることなく簡単な問診だけでアフターピルを処方してもらえます。ただ、保険は適用されないので自己費用が約5,000円前後かかります

アフターピルの効きめは?

アフターピルの中でもモーニングアフターピルによる緊急避妊法なら、成功の確率は99パーセントになるといわれています。そして、アフターピルの効果は性行為後に早く服用すればするほど成功の確率が高まります


アフターピルは遅くとも、72時間以内(3日以内)に服用することが勧められています。アフターピルの中でもモーニングアフターピルは日本では認可されていないため薬局で購入することはできません。インターネットなどで購入することはできますが、到着するのに時間がかかるため、いざ避妊に失敗したときに注文していたのでは間に合いません。モーニングアフターピルで望まない妊娠を確実に回避するためには、性行為後すぐに産婦人科に出向いて処方してもらうのが一番です。

アフターピルを飲んで出血したら・・・

アフターピルを服用して出血しても、多くの場合は、生理の時と同じ症状である消退出血であることが多いので心配はありません。ただ、アフターピルを服用して2〜3日後や、一週間後などなら生理のための出血といえそうですが、服用後すぐの出血の場合、不正出血のおそれもありますので次の生理まで様子をみるほうが良いでしょう


アフターピルを服用すると通常、生理が早まります。しかし、着床出血ではないかと不安になることもあるかもしれませんので、アフターピルの服用後一週間ほどたったら妊娠判定テストをすることをおすすめします。それで妊娠していなければ妊娠は回避できたと判断することができます。どうしても不安な場合は、産婦人科を訪ね診察してもらうのが確実でしょう。